子宮筋腫 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の子宮筋腫についてお話いたします。

子宮筋腫治療 その3

 本日の治療中に患者さんはぐっすり眠ったそうです。

鍼を手に刺した後30分ほど椅子で休んでいただくのですが、治療効果が出てくると眠る方がほとんどです。

刺されるときの痛みは病気が治る期待で耐えてもらっているようですが、神様は粋なごほうびを与えてくれてもいるのです。

このところ仕事で気持ち的にやめていたことが出来るようになってきたそうです。

顔もシャープさが出たほかに、つやが出て輝きが出てきました。

循環がよくなれば化粧ののりなど様々なよいことが出てきます。

目の輝きも出てきたので、体調は良いことが伺えます。

さて本日の治療後のオーリングテストを使っての検査です。

上はおへその下まで、約2センチほど反応が下がっています。

左は身体の中央おへそのラインより右に1、2センチ寄りました。

右は身体の脇まであった反応が、今では脇とおへそのラインの真ん中ちょっと右よりまで来ました。

筋腫があることは循環が悪くなっていることで、子宮卵巣だけでなくその周辺まで影響を与えているということです。

それにしたがって日常生活の質に影響があり、身体が動かない顔がむくむなど付随して様々な事が起きています。

手のひら先生が行っている高麗手指鍼の新しい筋腫治療、すなわち免疫調整1、2、3を処方することで確実に身体は良いほうに変わっていくのです。

次回以降の結果をお楽しみに。