子宮筋腫 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の子宮筋腫についてお話いたします。

子宮筋腫の原因 

 子宮を鍼治療する時、肝経を使います。

肝臓は筋肉や血液の流れのコントロールに関係するとされているので、この経を使うのかとやや半信半疑でした。

子宮も筋肉で出来ていて最近の研究だと、これが周期を持って動いていることが判明しました。

排卵前は精子を中心に持って行くためか外から中へ、生理後は排卵のため外に動いていると言われています。

筋肉出ないと出来ない動きです。

この筋肉の塊に子宮筋腫の名前が付けられていますが、果たして筋肉の塊なのだろうか?

毎月血液を溜めそして排出することを繰り返しているうちに、何らかの障害が起きて子宮内から排出されない血液がとどまってしまう。

これが筋腫ではなかと思うのです。

昔有名な鍼灸師の臨床実技のビデオを見ました。

年配の方の子宮が硬くなっていて、どうやら癒着まで起こしていたようなのです。

この治療でした。

治療後患者さんの説明で「2,3日のうちに尿がにごることがあるかも知れないが驚かないように」と言っていました。

子宮に滞っていた血液がしこりを生じ、血液の滞留を生じていたのです。

身体の他の部分の筋肉で筋腫のようなことが起こることはなく、筋腫と言ってもおそらく血腫の一種と見れば良いのではと考えてます。

さてそれではなぜこのようなことが起きるのか、いまだ原因不明とされ時には不妊の原因ともされています。

今まで筋腫の治療をしていると改善されては来るのですが、そのスピードや決定的な治療法までは自信を持つまではいきませんでした。

それが今回の患者さんの治療から、私が考案した免疫調整法1、2、3(ISSワンツースリー)を処方しました。

まだ開始間もないのですが以前に比べ、明らかに改善速度が速くその効果を実感しているので、子宮筋腫といえども免疫の低下血流の障害と繋がる結果であると断定できそうです。

治療経過は次のサイトをご覧ください。「子宮筋腫の原因・病状・治療法」 

この方が治癒するなら、子宮筋腫の原因も治療法も解明されたことになるでしょう。